3000年01月01日

ブラックマヨネーズ

ブラックマヨネーズは、吉本興業に所属する漫才コンビである。メンバーは多分に屈折したボケ担当の吉田敬(よしだたかし)と、見た目も中身も明るく笑いを誘うツッコミ担当の小杉竜一(こすぎりゅういち)。2005年M-1グランプリにて初めて決勝大会に進出、優勝し、見事1000万円を獲得した。略称は「ブラマヨ」。 特徴は「ブツブツ」(吉田)と「ハゲ」(小杉)。

【 概要 】

* 1998年4月に結成。大阪NSC13期生。同期には次長課長、チュートリアル徳井義実、野性爆弾、ルート33増田裕之などがいる。チュートリアルの徳井と2人の間には非常に熱いものがあり、この内の誰か一人がお笑いを辞めたらすごく寂しいと3人とも漏らしている。

* フリートークでは抜群のセンスと面白さでオーディエンスを抱腹絶倒させることで、関西を中心に「ダウンタウンの再来」と評判を呼んでいた。しかし、ネタになると途端に勢いを失う為、実力を持ちながら売れずに終わることを心配されていた。2005年頃、新境地を開き、ネタでも笑いがとれるようになった。

* コンビ名の由来は、「Mr.Children」のように正反対でアンバランスな意味の単語を組み合わせたもので、マヨネーズのように身近にある物の名前を盛り込むことによって、マヨネーズを見る度に自分達のことを思い出してくれたらという願いも込められているらしい。「関西キング」(小杉)、「ツインテール」(吉田)とお互い1回づつコンビ解散を経験している。

* 2005年にはM-1グランプリ5回目の挑戦で、初の決勝進出・優勝を果した。ファーストラウンドの審査の際、大竹まことは「オーソドックス(な漫才)の凄さに吃驚した。別に新しいことをしなくても十分面白いことを再認識した」と称え、松本人志に「次が見たい」とコメントした。大会委員長の島田紳助は「(自身の番組の)前説で何度か見たことあるけど成長してる、感動した。」と興奮気味に語った。そのときの漫才をラジオ放送室にて高須光聖に「5回目見てもおもしろかった!」「とにかくおもしろすぎる」と褒められる。

* M-1の本戦で見せた2本のネタは半年以上前に出来ており、5月の「うめだ花月」でのイベントを最後にネタを封印していたと言う逸話がある(陣内智則:談)。また、1本目のネタは2月のソロイベントで披露した際、「このネタをM-1に持って行こう」と決めた(雑誌のインタビューで告白)。

* 「ブラックマヨネーズのずぼりらじお」という伝説的なラジオを残している。放送当時、リスナーの中では関西で一番おもしろいラジオと噂されていた。とにかく内容が過激で、惜しまれつつ終了した。2004年夏、同じくABCラジオで番組を持っているアメリカザリガニと大阪・万博公園におけるABCラジオのイベントで共演して意気投合、アメリカザリガニは自らの番組「スレッドキングABC」で「ブラマヨは吉本のアメザリ、うちらは松竹のブラマヨや」とコメントしている。いずれの番組も、濃厚なファン層、過激なトーク(主に下ネタ)という共通点がある。

* M-1を優勝してから、東京に出る機会もあるが、東京が怖いらしく拠点は大阪である。

* 吉田と吉田の母は「お笑い芸人親子で漫才王座決定戦スペシャル」(2006年7月11日19:00〜20:54、フジテレビ)に「親子マヨネーズ」として出場、優勝した。

* 2006年度のM-1には、連覇を目指して出場予定であったが、小杉曰く「優勝したら出場しない(出来ない)、というルールを作って欲しいです」と、やや弱気であり結局、「今の環境では自分たちの納得できる漫才を披露することは出来ない」(吉田)という理由から2006年度M-1への出場は辞退した。

* M-1で優勝してから吉田が天狗になるというキャラクターを作っている。

【 ネタ 】

* 主に漫才。吉田の独特の世界観のボケに小杉がハイテンションなツッコミを入れるスタイルで2004年までは吉田が一人でネタを作っていた。たまにコントも行っている。

* 2005年からぼやき漫才のような形をとって、世の中の色々なことに対して吉田が不満を漏らし、小杉が「こうしたら良い」と案(最初は妥当な案だが徐々に無茶な案になる)を出し、それに対して吉田が的外れな文句をつけて笑わせるという芸風をも取り入れている。これは2005年初頭、吉田の「ラジオのようなフリートーク形式の漫才がやりたい」と言う提案から、二人の前に真っ白なノートを置いてその場の思いつきの会話形式でネタを作り書き込んでいったのが始まり。ちなみに、ネタの終盤あたりで興奮気味にツッコミをする小杉の顔に吉田がビンタをし、ネタの最後では必ずといっていいほど小杉の問いかけに対し吉田が皮膚科関係のことを言い終了する。

小杉の突っ込みは業界でも定評がある。

【 受賞暦 】

* 第23回 「ABCお笑い新人グランプリ」新人賞(2002年)
* 第37回 「OBC上方漫才大賞」新人賞(2002年)
* NHK新人演芸大賞 演芸部門大賞(2002年)
* 第32回 「上方お笑い大賞」最優秀新人賞(2003年)
* 第5回 「オートバックスM-1グランプリ」優勝(2005年)
⇒お笑い芸人の無料動画集トップへ
posted by お笑い芸人の無料動画集 at 00:00 | ブラックマヨネーズ

2007年01月19日

ブラックマヨネーズ【 車を買いたい 】

第28回ABCお笑い新人グランプリにでたときのブラックマヨネーズです

【 車を買いたい 】

⇒お笑い芸人の無料動画集トップへ
posted by お笑い芸人の無料動画集 at 11:10 | ブラックマヨネーズ

2006年08月24日

ブラックマヨネーズE

爆笑オンエアバトルにでたときのブラックマヨネーズです

【 彼女が欲しい 】





⇒お笑い芸人の無料動画集トップへ
posted by お笑い芸人の無料動画集 at 18:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラックマヨネーズ

ブラックマヨネーズD

うめだスタンダードにでたときのブラックマヨネーズです

【 純愛ブーム 】






⇒お笑い芸人の無料動画集トップへ
posted by お笑い芸人の無料動画集 at 18:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラックマヨネーズ

ブラックマヨネーズC

M−1グランプリリターンズのときのブラックマヨネーズです

【 母へのプレゼント 】








⇒お笑い芸人の無料動画集トップへ
posted by お笑い芸人の無料動画集 at 18:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラックマヨネーズ

ブラックマヨネーズB

何かのテレビにでたときのブラックマヨネーズです

【 ダイエット 】







⇒お笑い芸人の無料動画集トップへ
posted by お笑い芸人の無料動画集 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラックマヨネーズ

ブラックマヨネーズA

何かのテレビにでたときのブラックマヨネーズです

【 リモコン式便器 】




⇒お笑い芸人の無料動画集トップへ
posted by お笑い芸人の無料動画集 at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラックマヨネーズ

ブラックマヨネーズ@

お笑い新人グランプリのときのブラックマヨネーズです

【 釣り 】




⇒お笑い芸人の無料動画集トップへ
posted by お笑い芸人の無料動画集 at 15:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラックマヨネーズ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。