3000年01月01日

スピードワゴン

スピードワゴンは、井戸田潤と小沢一敬からなるホリプロコム所属のお笑いコンビ。通称「SPW」「スピワ」「スピワゴ」「ワゴン」。事務所の社長からは「スピード」と呼ばれている。

【 来歴 】

* 両者とも名古屋吉本の養成所に通っていた。小沢は幼馴染とオーディションを受け、井戸田は高校時代の同級生とコンビを組む予定であったが、オーディションにその同級生が現れず、結局1人で受ける。受験番号が前後であった事、小沢のコンビのネタの完成度が高かった事、井戸田は声も出ており陽気で騒いでいた事などから、互いに印象に残っていた。養成所では常にライバル関係で、名古屋に所属している芸人のオーディションがリーグ戦形式で行われ、小沢のコンビは毎回優勝、井戸田のコンビは、毎回2位(小沢のコンビが出場しなかったら1位)であった。その後井戸田は上京し、アルバイトをしながら活動。この頃小沢がコンビを解消したと聞き、コンビを組みたいを思い、小沢に声をかけた。小沢は住まいが見つかるまで、井戸田の家におり、井戸田は小沢の昼食を作る為にアルバイトの昼休みに帰って来ていた。だが小沢は名古屋に戻ってしまい、中々コンビ結成に意欲を見せない為、井戸田がトラックをレンタルして名古屋まで小沢を迎えに行き、小沢は、身ひとつで上京した。そして1998年12月11日にスピードワゴンを結成。当時のM2カンパニー(現・ホリプロコム)の社長の宮原匡彦に誘われ、同社所属タレントとなる。 

* 仕事も無く、月給3000円が続いていた時、転機となったのは2002年「M-1グランプリ」にワイルドカード(敗者復活)で出場である。無名コンビであった為、注目度も高まり、給料は30倍になる。この時に小沢が井戸田に何のネタをするか話した際、井戸田は「来年から忙しくなるよ」と声を掛けた。その言葉通り、テレビ出演も増え、知名度も上った。2003年には悲願の正面突破を果した。同年に「爆笑オンエアバトル」(NHK)でファイナル2位。勝率0.750、QA.率15/20とゴールドバトラーで、同番組の黄金時代を支えた芸人の1組である。

* 小沢がプライベートで使用していた「甘い言葉」をネタに使用、一気にブレークした。「爆笑オンエアバトル」(NHK)では漫才でそれなりの定評を得ており、本分は漫才である為、古株のファンからは安易なネタに走りすぎたとの指摘もあったが、良くも悪くも、更に知名度、人気を上げるきっかけとなった。また若手芸人の登龍門的存在の「エンタの神様」(日本テレビ系列)に出演した事も知名度向上に大きな影響を与えた。同ネタを番組内で使ってもおうと始まった(後に趣旨はずれるが)「激あま〜い」(TBS)に出演、キー局での初冠番組となった。

* 2005年9月14日、井戸田が女優・安達祐実と入籍。この日は安達の誕生日だった(安達はこの時点で妊娠2ヶ月で、2人は「できちゃった結婚」となった)。

* 漫才に定評を得ており、2005年の「M-1グランプリ」は期待されていたが、不出場。ファンの間では、井戸田が結婚したおかげで決勝まで行けたと言われるのを嫌ったから、だとの憶測が飛んだが真相は不明。

【 特徴・芸風 】 

* 小沢が荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』のファンであり、コンビ名は作中に登場する架空の人物・ロバート・E・O・スピードワゴン及びその人物が設立した財団の名称、スピードワゴン財団に由来する。

* 「笑いの金メダル」の準レギュラーである為「笑金発」だと思われたりするが、「甘い言葉」をする前は、「エンタの神様」発の「エンタ芸人」であった。だが「ブレークのきっかけとなった番組」と言う訳では無く、「爆笑オンエアバトル」(NHK)では番組開始の1999年から出場、一定の人気を誇っていた事から、「エンタの神様」は「知名度を上げた番組」である。また、エンタの神様ではスピードワゴンが出演していた頃は少なかった「芸人殺し」的な演出が増え、「エンタから離れて正解だった」との声が多数である。

* 「名古屋市出身のお笑い芸人」と紹介される事があるが、実際は小牧市と知多市出身である。しかし両市とも余り知られていないため、2人共「名古屋出身」と言っている。

* 自ら「態度の悪い芸人」と称している。

* 東京を拠点としているが、地元愛知県の仕事も多く、地元での活動を大切にしている。

* 両者とも相当な下ネタ好き。過激すぎる事がある為「芸能人専用タクシー し〜たく」(テレビ東京)では「危険コンビ」とまで称された。

* コンビ仲が良く、プライベートや性格のことを互いにネタにしあっている。恋人の様なエピソードがある為「ホモ疑惑」が浮上したことがある。

漫才

* コント「甘い言葉」がよく知られているが、本分は漫才である。漫才には定評があり、M-1覇者であるますだおかだが自身のラジオで「スピワはM-1十分狙えるコンビ」と評価している。フリ、ボケなどがしっかりして、分り易い、割りと正統派な漫才をするが、ベタなボケと大声で特殊なツッコミから、「新感覚のポップ漫才」「妄想漫才」と評されることがある。

* 井戸田は舞台に上るまでネタの内容を知らないか直前で知らされる為、殆どがアドリブである。しかし小沢は井戸田がどんなアドリブで返してくるか分かる為、稽古は余りしなくても大丈夫なようである。

* ネタは青臭いものが多く、空想に入り込んだ小沢を井戸田が「小沢さーん!」と言って現実世界に戻すのが特徴的。本人達曰くグダグダである。また、非常にマイナス思考でブラックなネタも多い。

* 本人達は漫才に対し「素を出せる漫才はネタじゃない」「井戸田と小沢を知ってもらってる、という前提(で漫才すること)が恥ずかしくて仕方ない」と語っている。

甘い言葉

1. 井戸田が小沢に「全くモテない」または「俺モテたいよ」と言い、小沢さんに「モテる方法」のアドバイスを仰ぐ。
2. 井戸田の質問に小沢さんが『甘いセリフをサラッと言う事』がもてる上で大事な事だと答える。
3. 井戸田を女の子に見立て『甘いセリフ』のレッスンが始まる。

* レッスンは【旅行の計画】や【クリスマス】などいろいろなシチュエーションで行い、小沢が『甘いセリフ』を言うたびに井戸田が「あま〜い!!甘過ぎるよ小沢さん!」と言う。

* 小沢が両手を挙げ十字架のようなポーズを取り、それを井戸田が拝む。

* 井戸田が『凍らせたスポーツドリンクの最初の溶けかけ』や『生類憐みの令』に例え、小沢のセリフの甘さを讃える。

4. 途中、小沢が誰もが認めないことを言うと、井戸田が『小沢さーん!あたしゃ認められない、認めないよ!』と手を上げながら言う。
5. 最後に井戸田が「(このレッスンで)今度は俺ももてるかな」と言うと、小沢が一言、『その考えが甘い』もしくは『でも俺、潤に甘いから』。
6. 井戸田が「いい加減にしろ」もしくは「ズコー!」と突っ込み、幕。(後者はエンタの神様などで多く使われた)

* 井戸田が結婚してからは最後に井戸田が「あま〜い!!俺の新婚生活くらい甘いよー!」と叫んで小沢がキレる、という締め方もやり始めた。

* 井戸田がオチで無い所で「あま〜い!」と言ってしまう事が多々ある為、小沢が指を鳴らしたら言う様にしている。

【 エピドード 】

* 以前は2人とも名古屋吉本(吉本興業名古屋事務所)に所属していた。吉本芸人ではブレークしなかった為、雨上がり決死隊から「ギャラが安いから、お前ら吉本辞めて正解だったよ」とも言われている。

* スピードワゴン結成前、先に上京していた井戸田が、トラックをレンタルし名古屋にいた小沢を前触れもなしに訪れ東京へと誘い出した。小沢は身一つで東京へ上京。その後、井戸田との同居後、スピードワゴンを結成する。

* 「M-1グランプリ2002」では、敗者復活で出場するものの、立川談志に下ネタを酷評されたことがあるため、以降下ネタを控えめにしている(酷評したのは立川がフェミニストであるからだと思われる。後日、立川から改めて認められた)。その反動かラジオでは下ネタのオンパレードである。

* M-1グランプリ2003のDVDでは、ネタの音声が著作権の関係で大幅にカットされてしまった(理由は無許可で童謡「サッちゃん」の替え歌を扱ったネタを披露したため)。

* 実力派コンビとして「M-1グランプリ」で2度決勝進出している為2005年は期待されていたが、不出場。本人達は真相について「井戸田の結婚のおかげで決勝進出出来た」と言われるのを避けるためであったと触り程度に話している。

* 楽屋でテレビを見ていてどちらかが寝ると小沢は音量を小さくし、井戸田は構わずそのままの音量で視続けるが、毛布をかけてあげる。

* 自身のラジオで自分たちを番組で見ていて駄目な所はどこかとリスナーに募集したところ、「私語が多すぎる」との意見が殺到したらしい。

* 井戸田は小沢が大の犬嫌いにも関らず引越し祝いとして犬を安達と共にプレゼントした。井戸田と安達が週刊誌で報道された直後で、小沢は「本当に付き合ってるんだ・・・」とショックを受け、自身が嫌いな犬を持ってこられた事に対して、「俺が犬嫌いなの知ってるじゃん!」と怒り、「ボケに命を使っちゃ駄目だよ!」と井戸田に犬を持って帰らせ、その帰りに井戸田と安達は車内で喧嘩になった。その犬は仲の良いウエンツ瑛士に引き取られ、「オザワ」と命名された。

* 井戸田が結婚後初めて『笑いの金メダル』に出演した時、「俺モテたいよ」と言ったところ、観客からブーイングが起こり、小沢が「俺の方が教えて欲しいよ!」と発言。

* 「Qさま!」(テレビ朝日系列)で解散ドッキリを仕掛けられた井戸田は、小沢を傷つけないように優しく説得し、相方思いである印象を与えた。一般的には小沢がフォローしているように思われる関係だが、このドッキリで実は逆である事が明らかとなった。ちなみに小沢は井戸田の「スピードワゴン面白いよ」という言葉に感動して泣いてしまった。


⇒お笑い芸人の無料動画集トップへ
posted by お笑い芸人の無料動画集 at 00:00 | スピードワゴン

2006年09月13日

スピードワゴンG

登竜門にでたときのスピードワゴンです

【 あたし認めない 】

⇒お笑い芸人の無料動画集トップへ
posted by お笑い芸人の無料動画集 at 15:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピードワゴン

スピードワゴンF

爆笑オンエアバトルにでたときのスピードワゴンです

【 名探偵井戸田潤 】

 
⇒お笑い芸人の無料動画集トップへ
posted by お笑い芸人の無料動画集 at 15:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピードワゴン

スピードワゴンE

爆笑オンエアバトルにでたときのスピードワゴンです

【 潤の学園物語 】

⇒お笑い芸人の無料動画集トップへ
posted by お笑い芸人の無料動画集 at 15:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピードワゴン

スピードワゴンD

爆笑オンエアバトルにでたときのスピードワゴンです

【 バカヤロー 】

⇒お笑い芸人の無料動画集トップへ
posted by お笑い芸人の無料動画集 at 15:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピードワゴン

スピードワゴンC

爆笑オンエアバトルにでたときのスピードワゴンです

【 異名を付ける 】

⇒お笑い芸人の無料動画集トップへ
posted by お笑い芸人の無料動画集 at 15:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピードワゴン

2006年09月12日

スピードワゴン【番外編】B

Qさまにでたときのスピードワゴンです

【 解散ドッキリ 】

⇒お笑い芸人の無料動画集トップへ
posted by お笑い芸人の無料動画集 at 18:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピードワゴン

スピードワゴン【番外編】A

Qさまにでたときのスピードワゴンです

【 解散ドッキリ 】

⇒お笑い芸人の無料動画集トップへ
posted by お笑い芸人の無料動画集 at 18:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピードワゴン

スピードワゴン【番外編】

Qさまにでたときのスピードワゴンです

【 解散ドッキリ@ 】

⇒お笑い芸人の無料動画集トップへ
posted by お笑い芸人の無料動画集 at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピードワゴン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。